日本のイベントには沢山の日本独特の風習や行事があります、その中で7月7日に七夕と言う風習がありますよね。
【仙台七夕祭り】【花火大会】をご紹介いたします。

皆さんも経験があると思いますが、小さい時に竹に折り紙で短冊なるものを作り、願い事を書いて、お菓子何ぞを食べるのを楽しみにしてました、大人になるにつれて、いつの間にか、やらなくなってしまい今では

「七夕あったな〜」
ぐらいにしか気にしなくなりましたよね。

私が七夕の話を聞いたのは、幼稚園の先生から絵本で聞いたと思います。
彦星と織り姫が一年に一回あえる貴重な日と聞いて夜の星空を見ながら、子供心に2人がちゃんと会えたらいいなーなんて思ってた記憶があるぐらいです。諸説この七夕の物語は中国から伝わってようで、日本では、それから七夕のお祭りや風習にする地域があり、今もなお続いてるようです。

この七夕のお祭りで有名なのが、

【仙台七夕祭り】 です。

私の地元なんですが、仙台の七夕祭りは8月6日〜8月8日に開催されます。

この七夕祭りはかなり大昔から風習として行ってるようで、正宗公の書物に記載があったぐらい、それがかなりの風習として続いてるようです。

そして、仙台七夕祭りが開催する前日に、前夜祭として【七夕花火祭り】があります。

仙台の空に1万6000発の花火が上がります。

花火は19時から20時30分まで1時間半打ち上がります。

せっかくなら前日花火を見て、次の日に七夕祭りを見てみるのもいいですよね。
もちろん仙台の周りには沢山の観光地がありますので、近隣の観光名所を調べてスケジュールに入れるのもいいと思います。

近隣だと伊達政宗が築いた仙台城跡や伊達政宗が眠る霊屋の瑞鳳殿仙台市博物館など見所は満載です。

少し離れてますが松島なんかも景色が奇麗で、その近くでは、手作りの笹かまぼこを焼いて販売してたりします。

おいしい食べ物も沢山あります!

牛タンは有名ですがずんだ餅なんかも珍しく、枝豆をすりつぶしたあんがとてもおいしいですよ。

あとはせっかく東北にいったんであれば、海鮮丼もおいしいので、仙台ではないですが海岸の方に行く機会があったらぜひ食べてみてくださいね。

ご紹介したい所は沢山あるんですが、なかなか1日2日では回りきれないので、数日まとめて休暇をとったりした時に計画していただくと、時間のロス無く楽しめると思います。

そして必ず食べてほしいおすすめグルメ
牛タン、仙台牛、海鮮丼、ずんだ餅と紹介してきましたが、

忘れていけない名物が、はらこ飯なんです。

これは郷土料理でもあるんですが、これはご飯の上に醤油でからめたイクラと鮭の身をのせたとてもおいしいどんぶり飯なんですが、実はこれは旬がありまして、秋から冬の商品になります、私は地元からこちらに帰ってくる時に、駅弁で買って新幹線や車の中でたべていきます。

その時には、必ず【萩の月】も一緒に買っていき、自宅の冷蔵庫で冷やしてコーヒーと一緒に食べたりします。
萩の月は有名な名菓なので、みなさんは知ってる方もいらっしゃると思いますので、あまり詳しく話しませんが、意外とお土産に買っていくと皆さんにおいしいと人気のお土産品になります。

この辺を七夕などで行かれた場合はポイントのキーワードを調べていただき是非旅行の予定に入れていただければと思います。
おいしいお店は仙台の後にキーワードをいれていただいて検索していただけたらおいしいお店がでてきますので、基本的にチェーン店などではないかぎり沢山おいしいお店がありますので、歩いても楽しいと思います。

では、これからのシーズンに東北や仙台のイベントで満喫していただきたく思います。

おすすめの記事