たくさん遊んだ後は、待ちに待ったバーベキューの始まりです。

毎年恒例行事となっている潮干狩り&バーベキューですが、私達のメンバーの中に、バーベキューマスターという人物がいますのでご紹介いたします。

アウトドア大好き!バーベキュー大好き!!

で、おいしく食べる人達を見てるのが大好きという、みんなにとって嬉しすぎる人物が今回も大活躍してくれました。

みんなの腹時計とともに

「ご飯♪ご飯♪バーベキューだ!」

と言いながら、育ちざかりの男の子達は、バーベキューと聞くだけでさらにテンションが上がる模様です。
女の子達もお腹が空いて、みんなお皿を持ってお肉に集まってきます。

いや~ホントにおいしそぉ~です。
さすがに25人もいれば、みんながお腹いっぱいになるには結構長い時間バーベキューをすることになります。

まずは子供達がしっかり食べることが優先で、大人はいつもその後です。

あっちこっちで子供達が言います。

「ママーお肉取ってー」
「お肉食べたいー」
「ウインナーちょうだい」
「ジュースが飲みたい~」
「野菜はいらない」
「ダメ!」

などと言った言葉が飛び交います。
それをすかさずお手伝いしてくれるのがさすがお兄ちゃんお姉ちゃんです。
気がきくったらありゃしません。

みんなのお腹を満たす為には、男性陣は必死にお肉を焼かなければいけません。
クーラーボックスの中のにはたっぷり持参したお肉がてんこ盛りです。

しっかりガッツリ食べなきゃね!っとここでいつも登場する
おにぎりは、実はこれだけは各家庭それぞれに持参なのです。

好きなふりかけも違えば、好きなおにぎりの味も違うことから、何年か前からいつものルールとなっているのです。
もちろん、色んな味で握ってきているので、大人も子供もみんな好きなおにぎりを食べます。

中にはお料理がとっても上手なママが、潮干狩りバーベキューの時にいつも毎年持参してくれるのが、

お手製のラー油です。
ニラやにんにく、ごま油がしっかりと効いていて、おにぎりにつけて食べても絶品です。毎回かなりの売れ行きで、ホントに早い者勝ちになってしまうほどです。

そして、私達がいつも潮干狩りバーベキューの時に食べる締めが、

採れたてのあさりを使ったあさりご飯です。

最短であさりの塩抜きをする方法は↓↓

①まずは採ったあさりを流水で綺麗に洗います。あさり同士を擦り合わせ表面についた砂や汚れを落とします。

②次にお湯を沸かし、45〜50°程まで温めます。

③沸かしたお湯の中に綺麗に洗ったあさりを投入し10分程温めます。

どうやら熱くて必死に砂を吐くようです。

これでその場でもみんなで美味しく採れたてのあさりが頂けます。

それもしっかり飯盒炊飯で炊くんですよ。
プリっとしたあさりの身と、塩味の効いたあさりご飯がすごくおいしくて、人によるとそこに緑茶をかけてお茶漬けにするとそれもホントにおいしくて、嬉しくなって心躍ります。

実はこのBBQそれだけではないのです!!

毎回、デザートを準備します。
それも違ったパターンで準備し、今年はパンケーキです。

コストコであらかじめ購入しておいたスプレー式の生クリームをプシュプシュっとパンケーキの上に乗せ、その周りにはイチゴやキウイ、パイナップルなどのフルーツを添えて、生クリーム&フルーツたっぷりのパンケーキの出来上がりです!
もっちろん、パンケーキも焼くんですよ。

最後の最後に出てくるデザートに、大人も子供もテンションMAXです。

ちなみにその前は、スポンジケーキ台とホイップル、フルーツを準備し、子供達に好きなようにデコレーションケーキを作らせました。

子供達が交代しながらホイップルで生クリームを思いのまま絞ってはフルーツでデコレーションするなど、子供達の想像力も様々でした。

余談となりましたが、今回のバーベキューもかなりの量食べました。
あまりにもお腹いっぱいすぎて、運転手でないメンバーも、ビールが入らない!?
くらいのお腹の具合になるほどで、後であんまりお酒を飲めなかったことを後悔するメンバーもいるほどです(笑)

それでもこれだけの量を食べて飲んでした事、もう何日か絶食でもいいかも!?なんて思ってしまいますよ(笑)

おすすめの記事