最近話題の甘酒ですが、私もここの甘酒を飲んでハマってしまいました。
甘酒というと寒い時期に暖かくして飲むのが一般的ですが、暑い季節には冷たい甘酒が美味しいのです。今回は甘酒の魅力と美味しい甘酒をご紹介いたします。

甘酒 効果 美容 冷たい甘酒

米麹の甘酒と酒粕の甘酒どう違うの?

 

甘酒には2種類の製造方法があります。

 

甘酒には米麹を発酵させ製造するものと、酒かすを溶かしそこに砂糖を加えたものの2種類あります。

甘酒にはアルコールが含まれていると思っている方も多いと思いますが、

・米麹=ノンアルコール

甘酒 麹 米麹

・酒かさ=アルコールを含む

甘酒 酒粕

となりますので、お子様やアルコールが苦手な方は米麹の甘酒を選んでくださいね。

 

ちなみに、酒かすの甘酒には砂糖がたっぷりと使用されている為、ダイエットされている方には不向きです。
一方、米麹はお米と麹を自然発酵している為自然と甘みが出るので砂糖不使用でも甘く美味しいのです。

 

甘酒は健康にも良いってどんな栄養成分なの?

 

今回はダイエットにも優れている米麹の甘酒をご紹介します。

 

甘酒 米麹 こうじ

 

甘酒は魅力たっぷり、現在はテレビや雑誌などでも取り上げられており、健康や美容にもとても良く

【飲む点滴】とも言われてる程。

芸能人やモデルの方でも甘酒を飲んでいる方が多く
それもそのはず!!

 

甘酒の中にはこんなにも優秀な栄養素が満載

ビタミンB1
糖質をエネルギーに変える働きがあり、神経機能を正常に保つ働きもあるのです。

ビタミンB2
三大栄養素の糖質・脂質・タンパク質を体内でエネルギーにする重要な働きをします。

ビタミンB6
アミノ酸の代謝や神経機能にも必要な要素です。その為不足してくると、肌荒れ、口内炎ができたり、神経系では、手足のしびれ、妊婦さんだとつわりがひどくなったり、イライラする事が多くなり短気になる、うつ病など・・・女性には特に必要不可欠な要素です。

葉酸
良く知られているのが、妊婦さんにはとても大事な栄養素で、ビタミンB12と協力して働く事で血液が作られます。妊娠初期の妊婦さんが摂取する事で、胎児に神経管閉鎖症のリスクを減らす事ができるので妊娠がわかった妊婦さんには積極的にとって頂きたい要素なんです。

食物繊維・オリゴ糖
腸内環境を整えてくれる優れた要素で、便秘予防、改善の手助けをしてくれます。

ブドウ糖
甘酒にはたくさんのブドウ糖が含まれており、体力を回復させてくれる力があるので
夏バテ予防や体力が低下している時にもオススメです。
妊婦さんや授乳期のママにも是非取り入れて欲しいです。

他にも細かく書き出すと素晴らしい栄養素がたくさん!!

 

腸活や美容にとてもいい日本のスーパーフード

 

栄養価が高い甘酒ですが、こうじには美肌効果やシミそばかす予防に効果的と言われている、コウジ酸が含まれています。

ビタミンB群が豊富なので保湿効果もあ理、腸内環境が優れる事で肌の調子もUP!
代謝が促進されアンチエイジング効果もあるのです。

 

甘酒 美容 効果

 

こんなに素晴らしい栄養素が満点なんて飲まないと損ですよね。

私は毎朝犬の散歩から帰ってきてその後に飲んでいます。
運動後は吸収率も良いので、オススメです。

それと飲み始めて翌日から効果が抜群すぎる!!お腹がスッキリ爽快です。

 

甘酒 効果 便秘

日本にはこんなにも身近に、素晴らしい食品があったんですね。

 

甘酒の美味しい飲み方

 

私はもともと甘酒が好きなのでそのまま飲むのが好きですが

匂いや味が気になる方には、

生姜を入れたり、ココアパウダーを入れたり、きな粉を入れたり、スムージーに一緒に入れたり、ヨーグルトと混ぜたり、自分好みに混ぜ合わせてもいいでしょう。

 

甘酒 きな粉 飲み方

 

今の時期は氷を入れたグラスに注いで飲んでみてください。
さらっとしていてこうじの甘さがとても美味しく熱い体がクールダウンします。

 

甘酒 冷たい 

オススメのあま酒

 

甘酒 麹甘酒 福光屋

石川県金沢市にある

福光屋さんの麹甘酒です。

無添加でもちろんお砂糖も不使用なのに優しい甘みと、こうじのつぶつぶが美味しく

私のお気に入りです。

1杯分ごとのパウチなので場所もとりません。

 

気になる方はこちらから

⇓  ⇓  ⇓

こんなにもいい要素が満点な甘酒
是非ライフスタイルの一つに取り入れていきたいと思います。

甘酒をまだ試したことのない方には是非チャレンジして頂きたいと思います。

おすすめの記事