まな板 職人 お取り寄せ 通販私は料理をする際に、調理道具はどれもとても大切だと思ってます。
その中でも基本中の基本【まな板】ですが、探していた究極なすごい物と出会いました。

包丁やまな板、そして用途にあわせた道具など、一般の人は学校では習う事はなかなか無いですよね。自分で考え、探して初めて料理のスキルが上がって行くのではないでしょうか?

毎日使う物だからこそとっておきな物を

料理好きで長い間料理をしてれば、良い道具と悪い道具の差は使っていくとはっきりわかると思います。

包丁ひとつとっても、沢山の素材種類や形があります。100均の包丁やまな板でも切れない事はないですよね。でも包丁やまな板は、基本一生使う物です。

包丁 料理

そこで今回は、まな板についてお話させていただければと思います。

私が料理初心者の時は、道具にあまりこだわりが無く料理がうまくできればそれでいいかなって思ってました。もちろん旬の食材を美味しく食べたいのは皆さんと同じです。

しかし料理に関心が湧いてくると、まずは包丁やまな板を見直してみようと思い、まな板から探す事にしました。
まな板でも、いろんな種類や素材、形がある事分かり一生使えるまな板がないか色々探してみました。

 

まな板でも種類は様々

まな板の素材には、おおまかに分けると樹脂製・木製・プラスチック製と3種類あります。

今回樹脂やプラスチックは、除外させていただきます。それは一般的にこだわらなくてもどこでも手に入りやすいです。

今回注目してるのが、木製です。

まな板 木製まな板 

木製は今ではあまり使われることが無くなりつつあります。
おそらく、重たいとかメンテナンスが難しい・・・など色々あり、軽くて乾きやすくお値段も安い樹脂製やプラッスチック製が好まれるようになってきたのかなと感じます。

プロの料理人が使う道具を調べてみよう

そこで、プロの料理人はどんな素材を使用してるか調べてみました。

みなさんもご存知だとおもいますが、プロの料理人は圧倒的に木製です。特に木の素材によってもそれぞれの特徴があります。

まな板 木製まな板 職人

木製は、水はけもよく、素材が滑りにくい、包丁を痛めず音がなんとも心地よい音を出します。最終的に削りだしが出来ます。

比較的多く使用されてるのがイチョウの木です。

そこで今回【まな板 木製】で検索をかけてみました。すると大量に色んな木製素材のまな板が出てきました。

ひのき・イチョウ・杉・その中でも、ねこ柳・ほお・イチョウがまな板に適してると判明しました。

 

京都 職人の腕が光るまな板

そしてひとつのお店に行き着きました。

それは、京都でまな板をメインに営業されてる、創業40年でプロの料理人では知らない人はいないでしょう。

京都物産協会・優秀賞受賞職人  吉田弘 が 10年かけてつくる

【 京都白木屋のまな板 】です。

木のまな板 まな板 職人 京都白木屋 白木屋

吉田さんは、まな板を作る際、樹齢100年〜200年の良質の木を探し、
それを5年〜10年以上寝かし、そこからまな板に適した所だけを使用して、はじめてまな板の商品になるそうです。すごいこだわりをもってる職人さんですね。

そして、今回わたしが購入した商品は、朴の木(ほうのき)で作ったまな板を購入しまいした。

注文してから3〜4日ぐらいで到着です。

白木屋さんでは、ねこ柳、榧(かや)、柳、ほお、イチョウという一流の素材を使用している6種類を販売してます。
わたしが欲しかった、ねこ柳は残念ながら品切れでした。

全部欲しいぐらいですが今回は、朴の木のまな板 24,800円を購入。

到着して感じたのが、まな板の表面がつるつるで柔らかさを感じ、軽いと言う事でした。
どうでしょう、触れた瞬間この上で料理の素材を切ったら、美味しくなるだろうと感じました。

実際に食材を切ってみましたが、食材がまな板にピタリ!と吸い付くように固定されとても切りやすい!まな板も滑って動く事がないので安全ですし調理が早く済みます。

最初使用した時はとても感動しました(^ ^)

これから一生使えるまな板を手にして、料理も楽しみになりそうです。
こちらのまな板のメンテナンスは、まな板と一緒に、お手入れの説明書が入ってますので、
使用用途にあわせて、しっかりメンテナンスしたらずっと使い続けれますね。

お値段は、ピンキリですが、職人さんが丹精こめて良い仕事をしていただければ当然なお値打ちだと思います。
毎日使う物ですから、ケチらず奮発してもいいですよね。
私は毎日使うものには、こだわりをもって使っいきたいです。

現在売れすぎて欠品中だそうです。2018年6月26日追記)

ほうの木以外にもいちょうの木・ねこ柳の木も人気です。そちらも貼っておきます

購入はこちらから↓楽天ショップにとびます。

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

【老舗 京都白木屋】いちょうの木のまな板49×29×4cm)縦目です
価格:22500円(税込、送料別) (2018/7/27時点)

 

 大満足レビュー

商品が届くのをとても楽しみに待っていました。さっそく使ってみましたがなんと心地よいまな板の音懐かしく聴きました。食材がピタリと吸い付く様な感覚で滑ることなく、調理される食品もスパスパと気持ち良く切れます。購入してよかったです。大事に使用していきたいと思います。
 大満足
手触りがスルリととても気持ちの良いまな板です。水切れも良く、包丁の歯の当たる音も良いです。大事に使いたいと思います。

 

 

おすすめの記事