女性が一人でも入りやすい【本場のネパールカレー】が美味しい店を見つけました!

日本人はカレーが大好きです。
一応インドから入ってきたということになっていますが、今やすっかり日本人の定番メニューとして定着しています。

神戸 カレー ネパールカレー PUJA

カレーがお袋の味になっているという人も珍しくないでしょう?

でも“日本食”としてのカレーもいいけど、
「たまには本格的なインドカレーが食べたい!」
と思うことはありませんか?

でも美味しいと評判のインドカレー屋ってどこか入りにくい雰囲気が漂っていることもあり
中にはインドの街中に建っていそうな雰囲気のお店も・・・。
押しの強い店員がいてわけの分からないまま注文させられそう・・・なんて考えたりして一歩踏み出せないなぁ〜って方もいますよね?

嬉しいことに、清潔感抜群のお店で、本場のカレーが食べられるお店があります。

そのお店は

【カトマンドゥカレーPUJA】さんです
大阪、兵庫に全部で5店舗あります。

ここで食べられるのはネパール人シェフが腕を振るうネパールカレーです。

お店の入り口は遠くから見てもすごいインパクト。

 

兵庫 カレー ネパールカレー PUJA
看板に大きな眼が描かれているのです。ちょっと圧倒されます。
これは“ブッダアイ”というもので魔よけでもあり、「何時でも仏様が見ているから悪いことはできない」という戒めでもあるそうで、全店の看板にあります。

こういう思いでカレーを作っています、という強い決意表明のようなものを感じます。

甲子園口店は外から店内の様子はうかがい知ることはできませんがお店の前10メートルくらいから良い匂いが漂っているので、カレー好きなら通り過ぎるのは苦労するはず(笑)

では入ってみましょう!
ドアを開けると白い詰襟の制服に黒いエプロンをつけた女性スタッフが声をかけてくれます。

店内はイタリアンレストランのような清潔感溢れる雰囲気。
でもインドやネパールを思わせるオブジェが店内のあちこちにみられます。
厨房を見るとネパール人らしき人たちが沢山いて一心に料理しています。
カトマンドゥカレーPUJAのおすすめはランチです。
セットでの注文がいちばんお得です。

スリヤランチ

おすすめカレー1品、プレーンナン、ネパール料理、スープ、サラダが付いて900円です。

カレー1品では足りない時は

プジャランチがおすすめです。
日替わりカリーの中から2品、プレーンナン、ネパール料理1品、本日のタンドール料理、スープ、サラダ、日替わりラッシーで1,300円です。

 

兵庫 カレー ネパールカレー PUJA

 

カレーは淡路島産のたまねぎをたっぷり使ったPUJA基本のカトマンドゥカリー、バターをたっぷり使ったバターカリー、ほうれん草を使った緑色のパラックカリーなどがあります。

 

兵庫 カレー ネパールカレー PUJA

どれも個性的で野菜の旨みが凝縮された深い味わいです。
辛さも選べますので心配は要りません。

こちらのカリーは小さな金属製のボールに入っており、「足りるかな」と心配になるかもしれませんですが侮ってはいけません。
これが結構たっぷり入っているのです。おまけにこちらのプレーンナンは嬉しいことに食べ放題。

ナンは店内で注文を受けてから焼き上げたものがサーブされます。
大きさは30センチほどで、アツアツですぐには手で持てません。

兵庫 カレー ネパールカレー PUJA ナン

でもその香りに食べたい衝動を我慢できず、火傷をいとわず頑張ってちぎって食べてみると・・・パンのようでありながら、スコーンのようなお菓子のような甘さが広がり、止まらなーい!

カリーが来る前に一枚食べ終えてしまってもスタッフさんが
「お代わりお持ちしましょうか?」とすぐに来てくれます。

清潔感溢れる店内で、素敵なスタッフさんがいて、美味しいカトマンドゥカレーを楽しめるカトマンドゥカレーPUJAは女性一人でも安心して本場の味を楽しめるカレー屋です。

カトマンドゥカリー プジャでは、本国で腕を磨いたネパール人シェフが創りあげる、本場の味と日本の味覚を融合させたカトマンドゥカリーを味わっていただけます。

カリーは医食同源

”料理はアユールヴェーダ(インド伝承医学)に基づく薬膳料理にある”

をコンセプトに、50種類以上のスパイスやハーブを多用しています

 

兵庫 カレー ネパールカレー PUJA

健胃、抗酸化作用、疲労回復に効く成分の宝庫であるスパイスで作った美味しいカレーを食べて心もからだも健康になりませんか。

おすすめの記事