山菜 山の幸
本日ご紹介するのは、自然界の 王様!天然の山菜をネットで注文出来るか探してみました。
実は、私の実家は東北の山奥で今は関西に在住してます。
子供の頃は環境に恵まれており、自然の中で育ちました。色々な考え方があると思いますが、都会で育った事が良いとする人や田舎で育った事を良しとする人と人ぞれぞれだと思ってます。

私が自然の中で育って今でも良かったと思うのは、山や海が目の前にあり、山の幸や海の幸を普通に好きなだけ食べてた事です、そして山を走り回ったり、海で貝をとったりして、想像力を働かせながら育った事です。
なかなか一言では言えないのですが、その中で山に行ってアケビを採って食べたり、栗をとって食べたりと本当に山が私の遊び場だったことです。

もちろん、実家のおばあちゃんと、わらびやたらの芽、なめこを採ってきて、おいしく食べれた事ですね、今ではあの環境は、実はあたりまえでは、なかったんだなーと、ふと思ったりもします。
そんな山の幸、山菜を食べたいなと思い、ネットで注文出来るかなと、探す事にしました。

山菜 山の幸
ネットで検索してみると、いくつか山菜を販売してるサイトがありました。その中でも私がいいなっと思ったのが、天然きのこ山菜.com です。こちらは旬の山菜を山男や山ガールが採りに行き、サイトで販売するみたいです。
ここのサイトを見てみると、日替わり限定商品なる項目があるんですが、これは今しかとれない希少なきのこを、個数限定で販売してます。

限定といっても、販売個数が、ひとつの為にすぐ売り切れです。
ここの山菜は当然、山奥深くに行きその日にとれた山菜を、発送してくれます。値段は安くはないですが、山に入っておいしい、とれたての山菜をとってきてくれるんですから、私は値段が高くても買おうと思ってます。逆に良心的な値段ではないでしょうか。

いろいろサイトの中身をチェックしながら、旬の山菜注文してみました。
数量限定や旬の物や少量しかとれない山菜は、ほとんどが売り切れになるぐらい、ひそかに人気なんですね。
そしてサイトをみてると、旬の山菜や茸がわかりますので、とても勉強になります。

こんかい注文したのだ、天然姫竹(ネマガリダケ)と天然ワラビです。
注文してから一週間ぐらいで到着しました。
なつかし〜香りと見た目、小さい頃に採りにいってた山菜です。


今回小振りな箱に入っていて、山菜は新聞紙に包まってました。それでも箱を開けたら山の匂いがフワッとして
とても清々しい印象です。

山菜 山の幸

写真で見てもらうとわかると思いますが、ほんと美味しいそうです。

この山菜を使い、どんな料理がいいか想像力もふくらみますね。

そして浮かんだのが、山菜ご飯です。あとは姫竹は、煮物なんかもいいかなと思い、まずは、ワラビのアク抜きですね。

山菜 山の幸
そして姫竹は、皮をむき5当分ぐらいにカットして、洗ってからお湯でボイルしました。

そのあとは出汁醤油で煮ました。

山菜 山の幸
姫竹は、一部ご飯ように小さく切ってます。天然の山菜は、ほんと綺麗ですよね。それぞれの調理プロセスを見ても美しいです。

山菜 山の幸画像
姫竹の煮物は弱火で30分ぐらい煮ました。そして冷蔵庫に1日いれて味を染み込ませてから、再度冷蔵庫から出して、皿に盛り付けで出来上がり。

次はワラビのマヨネーズ和えです。

アクを抜いたワラビを3当分にして、5分間中火で、ボイルしてからマヨネーズと醤油をまぜて、和えて終わりです

山菜 山の幸
味はアスパラのような感じでしたので、マヨネーズと醤油を和えてから別でマヨネーズをつけて食べて見ました。

こちらも美味かったです。


そして炒め物です、こちらは油揚げもいれて、ごま油を加えて、普通炒めました。

こちらは酒のつまみにもなります。

最後は山菜おこわです。

山菜 山の幸
はいこちらは炊き上がったばかりの、山菜ご飯です。バッチリ!

今回山菜お取り寄せは、岩手県からでしたが、とても美味しく頂きました。

こんな美味しい山菜を自宅にいながら届けて頂き、とても感謝してます。

山の幸 山菜
他にも、旬の山菜が色々ありますので、季節を楽しみながら、注文をしたいと思います。

おすすめの記事